まいにちを、たのしく、しあわせに♪フリーペーパーうきうき 新聞折込 (八千代市・印西市・白井市・佐倉市・船橋市・千葉市)& 公共の施設 へ設置中!

うきうき温故知新 日本の行事

2018-09-18

今回のテーマ「十五夜(じゅうごや)【中秋の名月】9月24日」

由来
 十五夜の月見が盛んになったのは平安時代。中国から伝わり、貴族の間に広ま りました。船上で水面や盃に映る月を愛でながら酒を酌み交わし、詩歌や管弦に親しむ風流な催しだったそうです。江戸時代以降には庶民に収穫祭として広まりました。
 旧暦では7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋と区分。「中秋」は秋全体の中日を意味し、旧暦8月15日を指します。現代では旧暦と暦の数え方が異なるため、年によって十五夜の日が異なりますが、およそ9月7日~10月8日頃に訪れます。

お月見のお供え物
 欠けた所のない満月を豊穣(ほうじょう)の象徴とし、秋の収穫に感謝を込めて次の物を月に供えました。
ススキ…白い尾花が稲穂に似ている事、茎が空洞=神様の宿り場になると信じられていた為、悪霊や災い等から収穫物を守ると言われています。
月見団子…丸い団子を月に見立て、十五夜なら15個をピラミッド型に積み上げ供えます。頂点の団子が霊界に通じると考えられていました。
農作物…季節の収穫されたばかりの農作物を供え、豊作に感謝します。里芋を供えるのが一般的で、「芋名月」の異名をもちます。

お月見のチャンスは3回!
 十五夜・十三夜・十日夜の三回とも月見をすると縁起が良いとされています。今年の十三夜は10月21日(日)、十日夜は11月17日(土)です。(Y)

うきうき発行日(2019年)


2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
広告掲載のお問い合わせ・お申込みはこちら info掲載のお問い合わせ・お申込みはこちら

編集長うき実のtwitter




最新号

バックナンバー

プレゼント応募

配布エリア・設置場所

うきっきぃの部屋


●発行元 有限会社八千代折込広告UKIUKI編集室 〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台
7-5-3
TEL 047(483)5620
FAX 047(482)1175
ukiuki@yachiori.co.jp

有限会社八千代折込広告 チラシデザイン/ パンフレットデザイン/ WEBデザイン・ホームページ作成/ デザイン印刷各種