まいにちを、たのしく、しあわせに♪フリーペーパーうきうき 新聞折込 (八千代市・印西市・白井市・佐倉市・船橋市・千葉市)& 公共の施設 へ設置中!

うきうき温故知新 日本の行事

2018-07-18

今回のテーマ「お盆」

由来
正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。伝統的な農耕儀礼や、祖先のお祀(まつ)りの習慣などが融合した古い習慣で、神道の要素や先祖供養の儀式等、地方色が強く反映。一般的には、先祖や亡くなった方が浄土から地上に戻るとされ、精霊をお迎えし供養する期間。旧暦7月15日前後で行われる事が多く、現在、東京と一部地域では7月13〜16日(新盆)、沖縄を除く多くの地域では8月13〜16日(月遅れの盆)の四日間。初日(盆の入り)の夕方には、先祖の霊が迷わぬ様に迎え火を焚き招き入れ、期間中は僧侶によるお経や飲食の供養、最終日(盆明け)の夕方には送り火を焚いて先祖の霊を見送ります。
※地域や宗派によって異なる。

お盆休みの起源
 「閻魔の賽日(えんまのさいにち)」や「薮入り(やぶいり)」からではといわれています。
 閻魔の賽日とは1月16日と7月16日で、地獄の釜の蓋がゆるみ、鬼は休み、亡者も責め苦を逃れる日。江戸時代、奉公人が主家から休暇をもらい親元などに帰る薮入り(小正月を済ませた1月16日とお盆の7月16日)にもあたり、人々が多く閻魔詣り(十三詣)に行きました。この日、寺院では参詣者に閻魔堂を開帳し「十王図(じゅうおうず)」や「地獄変相図」が拝観できます。
 お盆は古くから先祖供養の日であり、人々(地獄も!)の休息日でもあったのですね。 (Y)

うきうき発行日(2019年)


2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
広告掲載のお問い合わせ・お申込みはこちら info掲載のお問い合わせ・お申込みはこちら

編集長うき実のtwitter




最新号

バックナンバー

プレゼント応募

配布エリア・設置場所

うきっきぃの部屋


●発行元 有限会社八千代折込広告UKIUKI編集室 〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台
7-5-3
TEL 047(483)5620
FAX 047(482)1175
ukiuki@yachiori.co.jp

有限会社八千代折込広告 チラシデザイン/ パンフレットデザイン/ WEBデザイン・ホームページ作成/ デザイン印刷各種