まいにちを、たのしく、しあわせに♪フリーペーパーうきうき 新聞折込 (八千代市・印西市・白井市・佐倉市・船橋市・千葉市)& 公共の施設 へ設置中!

うきうき温故知新 日本の行事

2018-06-14

今回のテーマ「七夕」7月7日

由来
五節句のひとつ。七夕の節句や星祭りともいう。
 織女(しゅくじょ)星【琴座のベガ】と牽牛(けんぎゅう)星【わし座のアルタイル】の中国の伝説に基づいた星祭りの説話と、日本古来の農耕儀礼や祖霊信仰が結びついたと言われています。
 短冊に願い事を書いて笹竹に吊るす風習は、中国の乞巧奠(きこうでん)※が平安時代に日本へ伝わり、貴族達が真似て、梶の葉に和歌を書き願い事をしたのが始まり。
※乞巧奠…中国の行事で、7月7日に織女星にあやかり、はた織りや裁縫が上達するよう庭先の祭壇に針等を供えて、星に祈りを捧げていた。

なぜ笹や竹に短冊を吊るすの?
 笹や竹は、冬でも緑を保ち、真っ直ぐ育つ生命力に溢れた神聖な植物と言われています。祭りの後、竹や笹を飾りごと川や海に流す風習には、竹や笹に穢れを持っていってもらうという意味があります。

七夕の夜に雨が降ると良くない?
 解釈は様々なようです。雨が降ると織姫と彦星は会えないという説と、雨でも二人は会えており、織姫の嬉し涙が雨となり、その雨水で穢れが洗われるという説も。一方で、晴れて織姫と彦星が会えると疫病が流行るという説もあり、これは、昔の七夕は旧暦の7月7日(現在の8月12日頃)に行われていた為、干ばつに苦しむ地方の人々が雨を願った事につながるようです。 (Y)


バナー広告を掲載してみませんか?詳しくはお問い合わせください♪

広告掲載をご検討のお客様へ



●発行元 有限会社八千代折込広告UKIUKI編集室 〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台
7-5-3
TEL 047(483)5620
FAX 047(482)1175
ukiuki@yachiori.co.jp

有限会社八千代折込広告

最新号

バックナンバー

プレゼント応募

読者ひろば

OHmyペット

レシピ

間違い探し

配布エリア・設置場所

やちよ元気体操

佐倉ふるさと体操

うきっきぃの部屋


うきうき発行日(2018年)


2018年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
■最新号 ■バックナンバー ■プレゼント ■読者ひろば ■レシピ ■配布エリア・設置場所 ■ブックマーク ■スタッフブログ
Copyright© 2017 地域生活情報紙うきうき All Rights Reserved.