まいにちを、たのしく、しあわせに♪フリーペーパーうきうき 新聞折込 (八千代市・印西市・白井市・佐倉市・船橋市・千葉市)& 公共の施設 へ設置中!

うきうき温故知新 日本の行事

2018-05-17

今回のテーマ「梅雨」

■由来
 語源は、梅の実が熟す頃に降る雨、または湿気の多い季節=「露(つゆ)」の音から等、諸説あります。
 6月上旬〜7月上・中旬にかけて長期的に雨が続くのは、大陸の冷たい高気圧と太平洋の暖かい空気が日本付近で拮抗(きっこう)し、大気の状態が不安定となり、梅雨前線が発生し停滞する為。蒸し暑い日と涼しい日があるのは、この2つの気圧が関係しています。また、梅雨前線は南ででき、南風に押されて徐々にスピードをあげて北上しますが、勢力は弱まりやがて消滅する為、北海道には梅雨がないそう。
 雑節※の「入梅(にゅうばい)」は梅雨入りの時期を前もって示すもので、今年は6月11日。
※季節の移り変わりの目安の日

■てるてる坊主とは?
 平安時代、中国の「掃晴娘(そうせいじょう)」をモデルとし、白い紙で作った頭に赤い服を着せ、ほうきを持った女の子の人形を軒下に吊るして晴れを祈る風習が伝わったという説があります。これが日本に渡り、僧侶が日乞いをしていた為、女の子から男性の姿に変化したのだとか。
 また、てるてる坊主が祈祷行事だった頃、無事に晴れた後に瞳を書き、お神酒と共に川に流していた事に由来し、本来は顔を書かず、前日に南側の外に吊るします。そして、晴れの願いが叶ったら顔を書き、感謝を込めて処分するのだそうです。 (Y)

うきうき発行日(2019年)


2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
広告掲載のお問い合わせ・お申込みはこちら info掲載のお問い合わせ・お申込みはこちら

最新号

バックナンバー

プレゼント応募

読者ひろば

配布エリア・設置場所

うきっきぃの部屋


●発行元 有限会社八千代折込広告UKIUKI編集室 〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台
7-5-3
TEL 047(483)5620
FAX 047(482)1175
ukiuki@yachiori.co.jp

有限会社八千代折込広告